A-1..浄瑠璃寺印仏残欠(十二体一版) 


右端の切断面はオリジナルです。



価格 45,000円(消費税・送料込)

サイズ 本紙 縦最大200o 横最大140o 額 350o×260o

京都・浄瑠璃寺の国宝・九体阿弥陀の中尊の胎内から発見された仏教版画で「浄瑠璃寺印仏」の名で知られる品です。

浄瑠璃印仏と呼ばれる品には2種類あり、十二体一版を押印した「印仏」と百体を一版を摺った「摺仏」があります。
ご案内の品は十二体一版を押した「印仏」にあたります。

どちらの版が先に出来たものかは諸説あるようですが、十二体一版の品は「長治二年五月十五日」(1105年)の記銘のある個体が発見されており、百体一版と共に国内最古の仏教版画と言われています。

今回ご案内の品は一紙に六版を押した品の右上の部分にあたります。
上部に余白に横一列9体を押した品もありますが、ご案内の品は余白が少ないため押されていない個体のようです。

状態は破れ、破れ、虫食い、シミがありますが、いずれも胎内にあった時に自然に生じたものです。
透明なアクリル額に入れてお届けします。(アクリルに傷が生じていますが、鑑賞には然程差しさわりありません。)

仏教版画入門者の方にお奨めです。