A-5.東寺伝来 別尊雑記断簡 金剛童子図像 売約済


「元享元年九月二日交合移點了」の年記があります。



価格 お問い合わせ願います。

サイズ 本紙 297o×438o  表具 1200o×572o ※軸端を除く

紙本墨書、元享元年九月(1321年)、東寺伝来

東寺本別尊雑記に収録された元享元年(1322)写の金剛童子図像。

別尊雑記とは平安末期の僧、心覚の編纂した全57巻の白秒図像集です。
ご案内の品は鎌倉時代の写本で、奥書に元享元年九月の年記の入った断簡です。

尊名は金剛童子。六臂の明王形で荒海に片足とあげて立つ厳めしい姿で描かれています。

保存状態は本紙、表具共に良好。
表具は高野裂で近年の仕立です。

尚、伝来に関しては奥書の筆跡を別巻の完本と、紙質や書式は他の断簡と比較し相違ないことを確認済です。