B-1.元興寺尼経 華厳経残巻








価格 お問い合わせ願います。

サイズ 経文部分の全長1405o(およそ3紙)

華厳経巻第三十一、天平勝寳6年(754)元興寺沙弥真證尼写

元興寺の沙弥真證尼よって書かれた一筆華厳経「元興寺尼経」と呼ばれる経の残巻です。
同経は別巻の奥書に「以天平勝寳六年十一月十日沙弥尼真證敬奉繕寫」とあることが知られ、正確な年代と書き手の解る数少ない奈良時代の経です。
書体は官立の写経所で書かれた画一的な文字とは異なり一見稚拙な文字に見えますが、一文字一文字祈りをこめて書いたような文字は実に味わい深いものがあります。(沙弥=若い僧、この場合は若い尼僧)

保存状態は伝来途中で火難に遭い、天地が焼けて欠損しています。但し文字部分は良く残存し、一部行の最初の一文字を欠くに留めています。
また、巻末には「加修理 沙門蔵海」の修理名がありますが、経文部分と修理銘の箇所の焼痕が連続していますので、修理後に火難に遭ったことが解ります。焼け焼焦げはありますが、幸いにも虫食い、シミ、汚れは殆どありません。

尚、この経は一部は灰塵に帰してしまったためか、正倉院に2巻所蔵される他、民間で僅かに分蔵されるにすぎません。
時折短い断簡を見かけますが、残巻といえる長さを有するものは稀と思います。

出来ましたら実物をご覧の上、ご判断頂きたく思います。