C-2.男神像 売約済










横から見ますと滑らかなS字曲線です。





サイズ 高さ 480o

烏帽子をかぶってやや小首を傾げた男神像です。
やや膝をつき出すような立ち姿が印象的です。

造りは一木で左手の袖に一部材が足してあります。
保存状態は両手先の欠損、彩色の剥落、虫食いがあります。
(神像は仏像と異なり、伝来の途中で修理の手を入れません。)

烏帽子を被り立ち姿で顕す像容の神像は伊豆山権現n等が知られますが、残念ながら神像名は不明です。
作られた時代は室町時代を下ることはありません。