C-3.男神坐像 売約済







サイズ 高さ 250o

木彫一木造り、室町時代

怒りを湛えたような面相の男神坐像です。
神像には珍しくつくりの良い像で、特に微妙な表情を表らした面相は出色の出来栄えです。
像容は頭巾のような帽子を被り装束を着た姿で、両手は釈迦の定印のような印相を結んでいます。
伝来、神像名は不明です。しかしながら、つくりに良さは民衆神像とは明らか異なり、然るべき格式の寺社に伝来したであろうことは想像に難くありません。

制作された年代は、多種多様な神仏習合の信仰がうまれた中世末期頃の品と推測します。

保存状態は虫食いが所々に生じています。虫食は現状では止まっており、程度も軽度なものです。
彩色は帽子と髪、装束のみ墨塗りがされていたようですが、髪と装束は黒塗りの大部分が薄くなっています。