C-3.阿弥陀如来立像(破損仏) 売約済




頭部は胴体に接着されており現状では外れません。付け根の両脇に隙間があり、内刳りで空いた空洞が確認できます。





蓮弁に一部破損があります。






価格 185,000円(消費税・送料込)

サイズ 像本体高さ およそ500o、蓮台を含んだ高さ およそ565o 総高 およそ600o


木彫寄木造、彫眼、鎌倉〜室町時代


安阿弥様の流れを汲んだ踏み割り蓮台に乗る阿弥陀如来像の破損仏です。
端正な顔立ちと均整のとれた体躯が印象的な像です。

現状では両腕と後頭部、両足先を材の結合部から欠いた状態です。欠損が多いこともありますが、内刳りが多くとられ、とても軽量に作られています。
部位の外れた面からは、木目の詰んだ良材が使われていることが確認できます。


破損仏の美を云々するのは聊か本末転倒な気も致しますが、完成された像とはまた異なる美しさがあります。
尚、銘文は現状では確認できず、正確な制作年代は不明です。(良材が使われ、漆も古いことから鎌倉から室町時代と推測します)