D-1.龍頭







       

価格 58,000円(消費税・送料込)

サイズ 龍頭 191o 柄を含むサイズ 14800o


銅製鋳造、江戸時代

仏教儀式の折に幡を吊す道具「龍頭」です。
近世以降の品は殆どが木彫となり、金属製の品はごく希な中、こちらの品は青銅製に金箔を押して作られています。

鋳造はやや甘く、所々に斑が生じていますが、保存状態は良好です。
唯一、顎から下がった幡の吊金具の先に破損が見られます。
金属製の龍頭と柄は鋲でしっかりと固定され取り外すことが出来ません。

制作年代は鋳造の仕上がりから江戸時代と推測します。