A-6.小幅四面仏画


表具は高野裂のウブ表具です。軸端他の金具は蓮華文の鍍金です。


八臂弁財天


文殊菩薩


ダキニ天


右が弘法大師、左が高野明神

価格 185,000円(消費税・送料込)

サイズ 本紙 縦505o、横105o 表具 縦800o、横160o(軸端を除く)

絹本著色、軸装、江戸時代

一幅の軸に四面の密教系の諸尊が並べて貼られた仏画です。
各区画はそれぞれ個別の絹本に書かれており、上から八臂弁財天、文殊菩薩、ダキニ天、弘法大師と高野明神が描かれています。
このような諸尊がどのような経緯で並べられたかは不明です、おそらくは経典に則ったものではなく、個人の信仰に基づいて並べられたものと推測します。
何れの絵画も同じ絵師の作で、作行は繊細で絵の具の発色も鮮やかです。

現状は本紙、表具共に作られたままのウブな状態です。
保存状態は巻シワ、小折れ、表具の傷みがありますが、このまま修理することなく鑑賞出来る状態です。

制作年代は江戸中期頃か?