A-5.東寺伝来 胎蔵曼荼羅残欠


截金文様は一部を除いて剥落しています。(拡大写真です)

      



価格 お問い合わせ下さい。

サイズ 本紙 縦 最大72㎜ 横最大60㎜、軸 縦1210㎜ 横328㎜ 

絹本著色、截金、軸装、鎌倉時代前期

東寺伝来の胎蔵曼荼羅 蓮華院の一部「大吉祥菩薩」ならびに「塗香菩薩」、「焼香菩薩」(中央、右上、左上)の図像。
胎蔵曼荼羅の蓮華院は中台八葉院の北(向かって左)に位置し、各尊が蓮華をもった曼荼羅図像の中でも色合いの美しい部分です。

彩色、截金が剥がれ時代相応の傷みが生じていますが、とても趣のある品です。
表具は古裂の高野裂、金襴、鍍金軸、太巻桐箱入り。

東寺伝来、益田鈍翁が画貼にして所蔵していた品の一部。
元は幅1メートルあまりの小さな曼荼羅だったようです。