B-5.紀州池田庄金剛寺伝来 大般若経断簡(裏印入)








表具前に裏面から撮影の黒印部分

価格150,000円(税別) ※税込金額165,000円 送料無料

サイズ 本紙 縦233o、横534o、界高202o、界幅19o、表具 縦1100o、横560o
※本紙縦寸法は表具裂が数ミリ重なった寸法です。また、表具幅は軸端を除いた寸法です。

紙本墨書軸装、平安時代末期(12世紀中半)

「紀州池田庄金剛寺常住」の黒印が表裏にあることで知られる大般若経の断簡一紙二十八行です。
池田庄金剛寺は廃絶して今はなく、この蔵経も散逸し、各地に分蔵されるに至っています。

この経は多くの素紙大般若経の作例と同じく、質素な紙に粗雑な文字の個体も見られますが、掲載の品は流麗な和様の文字が見られます。
速筆で書かれた文字が並びますが、書風や字詰めも安定しており、とても手慣れた印象を受けます。

保存状態は表具新装のため良好な状態です。

尚、「紀州池田庄金剛寺常住」の黒印は各経巻の表裏に各2,3個所押されるのみで、毎紙にはありません。
(法隆寺一切経、東大寺八幡経などのように毎紙に押されているものもあります。)