D-1.朱塗手力盆






向かって左の側面に塗りの浮きがあります。


一部漆が透っています。



価格55,000円(消費税込)

サイズ 横幅373o、奥行297o、高さ40o 

木製朱塗り、江戸時代


かつて春日社の新撰具として使われた品で、春日盆とも、また末社の手力社の名にちなんで手力盆と呼ばれる品です。
本来は見えないはずの裏面に、蝶とトンボの螺鈿があしらわれた奥ゆかしい品です。

コンディションは天板の朱塗りの部分に傷、角に傷みが生じています。座りは堅い板の上では若干ガタがあります。(畳の上では問題ありません。)

裏面の黒塗り部分は一部漆が透っています。螺鈿の蝶やトンボにハガレはありません。また、意図的に表面を磨いた痕跡もありません。


手力盆は盆は江戸後期までは式年造替などの折に、古くなった品が民間に下されていたと言われます。