【鎌倉黒寶館】 

「黒寶とは何ものぞ・・・黒いお寶なり、名付けて黒寶と為す」

古くて黒っぽいお宝、小さな残欠、救出待ちの品・・・そんな品々に光をあてたコーナーです。
3万円未満のお手頃価格で楽しい品を随時紹介して参ります。

※ご注文、お問い合わせはページの一番下からお願いします。
※こちらのコーナーの品は送料を実費ご負担お願いします。


◇極小懐中仏 虚空蔵菩薩坐像 NEW





価格 28,000円(消費税込)

厨子高さ 73o

極小の懐中仏です。
尊名は左手に宝珠を持つため虚空蔵菩薩の可能性が高いように思います。
実に繊細な彫刻で、流れるような衣紋が巧に表現されています。
江戸時代の極小細密彫刻と思われますが、高い髻は中世の古仏を思わせます。

保存状態は右手の持物の欠損、光背の破損、厨子の小キズがあります。
尚、向かって右の扉の蝶番が傷み扉が外れやすくなっています。安置する分には脱落しませんが、携行には適しません。



◇銅仏花器 NEW



長年使われた痕跡を残します。


底板は上げ底式です。

価格 13,000円(消費税込)

サイズ 高さ 155o 口径 118o

伝統的な様式の仏前供養具の花器です。
今も同じ方との型が作られますが、こちらは古いタイプで、つくりは鋳造が厚く、底は嵌め込み式です。
素材は銅で漆による着色はありません。

状態は凹み変形、水漏れはありません。
胴に鋳造ムラで出来た米粒大の凹み、口の下部に湯口のものと思われる粟粒大の凹みがあります。
意外に古い品です。


◇九重守諸尊図像集 







巻末には弘法大師も伝教大師の摺られていません。

価格 10,000円(消費税込・送料別)

サイズ 紙幅 83o 全長およそ14m

通常はウスサマ明王で始まり、弘法大師か伝教大師で終わる九重守ですが、当品は巻末は陀羅尼と願文で終わっています。
紙幅、全長共に過去扱った品の中では最大の品です。内容に版元、年代を示す資料はないものの、古色蒼然としています。

版に摩耗の痕跡はなく、図像はシャープで摺り上りも良好です。
保存状態は巻頭に近い部分に傷みが生じていますが、それ以外はとてもきれいで虫食いも殆どありません。
九重守は全長数mのものから、今回の品のように14mに及ぶものまで様々です。各種蒐集して比較してみることも一興と思います。