【鎌倉黒寶館】 

「黒寶とは何ものぞ・・・黒いお寶なり、名付けて黒寶と為す」

古くて黒っぽいお宝、小さな残欠、救出待ちの品・・・そんな品々に光をあてたコーナーです。
3万円未満のお手頃価格で楽しい品を随時紹介して参ります。

※ご注文、お問い合わせはページの一番下からお願いします。
※こちらのコーナーの品は送料を実費ご負担お願いします。


◇神輿隅飾燕形金具 NEW





価格15,000円(消費税込)

横幅
 270o

神輿の四方の隅につく燕形の金具です。
本来は金色に輝いていましたが、金鍍金の純度が低いため、地金の銅と同化してしまっています。

現状は古材に二羽並べて取り付けてあります。右の一羽は脚が短くなっています。
時代は江戸後期。


◇瓔珞 売約済


サイズ 縦235o

薄い銅板を打ち抜いた作った繊細な瓔珞です。
片面だけに鍍金が施された江戸時代の品です。
細かなパーツを欠いていますが、ほぼ当初の姿を保っています。



◇鹿香炉 NEW





背中に唐木の蓋が付き中が空洞になっていますが、銅の落としはありません。実質的に置物とお考え下さい。


価格 28,000円(消費税込)

サイズ 高さ170o(角を除く)、横250o

一見して赤銅製に見えますが、実は木彫漆塗りの品です。
近代の品の彫刻は神獣のイメージから遠いものが多い中、こちらは古来からある神鹿のイメージで作られた品のようです。
保存状態は良好で、背中に蓋の付近に小傷、裏にスレ、アタリが少々。
角は別材のハメコミです。角の根元に再接着した痕跡があります。(目立ちません)

大きさもそこそこで存在感あり。


◇九重守諸尊図像集(2点)

古くは仏像の胎内納入品として、近世に至ってはお守りにされた「九重守」2点のご案内です。
如何にも利益の有りそうな諸仏が並びますが、何を根拠として図像を集めたものかはよく解っていないと言われます。
長さも数メートルのものから、ゆうに10メートルを超すものまで存在します。
異なった版の品を蒐集して、図像の並びを比較することも一興かと思います。

九重守1.
売約済






サイズ 紙幅 71o 長さ11500o
 
烏枢沙摩明王に始まり伝教大師で終わる「伝教大師版」九重守です。
版もすり減っておらず、刷りも明瞭です。
巻末付近の陀羅尼が長大な長さを持ちます。

状態は巻頭付近に若干の傷み、?ぎ目の糊の剥がれがあります。
2.(下の品)に比べより古い印象を受けます。


九重守2.






価格7,000円(消費税込)

紙幅 72o 長さ7800o

こちらも「伝教大師版」です。
版の摩耗が見られ、刷りはやや不明瞭な点が目立ちます。
保存状態は良好です。


◇如来仏頭(レプリカ)










内刳りはカーブのゆるい丸鑿でサクサク彫った様子が解ります。

価格26,000円(消費税込)

サイズ 本体高さ 395o 台座を含む高さ 490o

ほぼ等身大の定朝様式如来仏頭のレプリカです。
博物館の標本を造る企業が制作したもので、特殊な樹脂で出来ています。
木目、残った漆の質感、内刳りの鑿痕など、どれも原型から直接型を取ったとしか思えない出来栄えです。

これほどの作であれば本物は驚くような値がつくハズです。
こんな楽しみ方があってもよいのでは?と思っています。


◇ 佐波理合子 









サイズ 直径120o 高さ50o

価格 15,000円(消費税込)

薄く轆轤で薄く挽きあげた佐波理の合子です。
加工の難しいと言われる佐波理をこの形に加工するには高い工作技術が必要です。
動力機械のない時代にどのように作ったのでしょう?

胴に一カ所小さな凹みがあります。
中は少々錆が出ていますが、合わせも問題ありません。

江戸時代の品と思われます。



◇ 観音籤 






サイズ 高さ 220o

6,000円(消費税込)

元三大師が元祖と言われる観音様のおみくじ。
吉凶が書かれた竹べらを箱から振り出し運勢を占ったもの。
今ではあまり見られない庶民信仰の資料です。

※竹べらはたくさん入っています。(数は数えていません)