【鎌倉黒寶館】 

「黒寶とは何ものぞ・・・黒いお寶なり、名付けて黒寶と為す」

古くて黒っぽいお宝、小さな残欠、救出待ちの品・・・そんな品々に光をあてたコーナーです。
3万円未満のお手頃価格で楽しい品を随時紹介して参ります。

※ご注文、お問い合わせはページの一番下からお願いします。
※こちらのコーナーの品は送料を実費ご負担お願いします。


◇ 仏手 売約済










サイズ 120o 木彫

とてもエレガントな仏手です。
もともとは1/2等身ほどの如来像か菩薩像のものだったようです。
金箔はすっかり剥げてしまっていますが、木地の破損はありません。

著名な仏師、彫刻家が資料として持っていたもののようです。
時代は室町頃か?平安ではありません。



◇ 宮古泥塔 






サイズ 高さ 65o

平安時代後期、奈良県宮古出土

価格 10,000円(消費税込)

泥団子に見えてれっきとした平安の仏塔です。
宮古出土の泥塔は、大小さまざまな品がありますが、こちらは大ぶりな方です。
状態は大きな破損はありませんが、摩耗が進んで泥団子状態に磨きがかかっています。
通常は側面に梵字が陽刻されていますが、現状では確認できません。


◇ 四けつ 





サイズ 315o

価格 6,000円(消費税込)

民芸品のような素朴な造りですが、れっきとした密教法具の一つ四けつです。
四けつとは密教の壇に結界の線を張るために用いる四隅に立てる棒状の法具です。
大寺では金銅製が使われますが、庶民的な寺では漆箔、さらに漆を塗っただけのものもあるようです。
ご案内の品は文様すら彫られていない質素なものです。
時代は不明。


◇光背残欠 






サイズ 205o(下部のホゾを除く)

価格8,000円(消費り込)

金箔の自然な摩耗が美しい光背残欠です。
もともとは周囲に唐草の透彫があったようです。

保存状態は頭光の一部に直し、破損があります。
時代は室町〜江戸。正確には解りません。